静岡県浜松市 住宅の外壁塗装からマンション大規模修繕まで

株式会社 アヅマ

採用情報採用情報スタッフブログ

無料相談・お見積もりTEL: 053-438-3211お問い合わせフォーム

マンション大規模修繕

マンション大規模修繕


お住まいの長寿命化と快適化のために

写真

細やかな定期メンテナンスで安全で快適な住まいづくり

日常あまり意識していないと気付かないものですが、私たち人間が歳をとるように建物も日々劣化していきます。私たちは痛みを感じ、言葉で伝えることができますが、建物はそうはいきません。
日頃から住まいを気にかけチェックし、こまめにメンテナンスすることが、建物の長寿命化につながっていきます。

下記は、建物からのメンテナンス時期を知らせるサインです。一度、住まいのチェックをしてみませんか?

 


こんな症状ありませんか?

クラック

クラック

コンクリートなどの収縮や振動などが原因となり壁や天井などに生じます。表面に生じた小さなひび割れを「ヘアークラック」、設計・施工上の欠陥によって躯体の内部から生じたひび割れを「構造クラック」と呼んでいます。

浮き

浮き

外壁がモルタル仕上げやタイル仕上げの場合、仕上げモルタルやタイルと内部のコンクリート構造体との接着界面に浮きが発生することがあります。
それらが落下すると大変危険です。

欠損

欠損

外部からの衝撃の他に、浮き・ひび割れ・爆裂などが進行し発生することもあります。

チョーキング現象

チョーキング現象

塗膜の樹脂分が紫外線などにより劣化し、表面に顔料が残り発生します。
手で壁などを触ったときに白い粉が手に付くことで確認できます。

爆裂現象

爆裂現象

コンクリート表面やクラックからの雨水の浸入やコンクリートの中性化などによって、コンクリート内部の鉄筋が錆びて膨張し、表面のコンクリートを持ち上げて発生します。

鉄筋露出

鉄筋露出

爆裂現象が進行すると表面のコンクリートが剥落し発生します。コンクリートのかぶり厚が足りない場合などに多く発生します。

錆の発生

錆の発生

鉄が水分や空気中の酸素と結合(酸化)し発生します。進行しますと鉄の強度を著しく低下させてしまいます。

カビ・藻の発生(生物汚染)

カビ・藻の発生(生物汚染)

木の多い茂った湿度が高い場所などによく発生します。カビは人体に影響を与えることもありますし、藻は外装材の表面の劣化の原因となります。

仕上材(塗膜)の剥離

仕上材(塗膜)の剥離

塗膜下への雨水の浸入や結露、経年劣化による付着力の低下などが原因で発生します。
塗膜の剥れは素材の表面を保護するチカラの低下につながります。

漏水

漏水

防水の不良やクラックなどからの雨水の浸入により発生します。漏水は建物内部の腐食や劣化につながりますので、早急な対応が必要となります。

塗装のふくれ

塗装のふくれ

塗膜下への雨水の浸入や経年劣化による塗膜の付着力の低下などにより塗膜界面に水分や下地の溶解物が溜まり、塗膜を持上げふくれが発生します。

防水シートの破断

防水シートの破断

太陽熱の影響やシートの経年劣化による収縮などにより防水シートに亀裂や破断が発生します。防水層に穴が開きますと漏水の原因となりますので早急な対処が必要です。

エフロレッセンス

エフロレッセンス

コンクリート内部やタイル裏側へ雨水が侵入すると、石灰質の可溶成分が水に溶け出し、水とともに表面に移動し、大気中の炭酸ガスと化合して表面に白い粉として現れる現象。
時には写真のようにツララになることもあります。

シーリング材の破断

シーリング材の破断

シーリング材は窓周りや打ち継ぎ目地などに使用される防水材です。これらが破断しますと防水性が失われ漏水の原因となります。

鳥害

鳥害

建物屋上のトップコートや水溜りなどが太陽光で反射し光る為、鳥が防水層を突付いて穴を開けてしまう現象。防水層に穴が開いてしまうので漏水の原因となります。